アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「輪廻のラグランジェ」のブログ記事

みんなの「輪廻のラグランジェ」ブログ


ラグりん最終回「いつの日か、また鴨川で」

2012/03/31 04:10
ハイ!...と、いうことで性懲りもなく二分割です


かっこいいじゃん!
そう感じたことで迷いは吹っ切れ戻ってこれた
何より彼女を待つ仲間たちのいる、この場所へ
歓喜するムギナミ、そしてラン
美しい姉妹愛、じゃなかった三人娘の友情です
ようこ姉ちゃんも、どうやら無事なようで!


それでも、ヴィラ兄さんにも決して譲れないものがあった
文字通り「心を鬼にして」...なんでしょうけど、
元々が優しい性格の人なので内心辛いだろうなァ...

そこには、やっぱユリカノのこととかラン兄やランのこととか、いや、
そういった過去をすっぱり振り切った今、彼がここにいるんだろうけど

元王子でテロリストな葛藤は時に確固たる使命を自らの中に帯び、
恐怖され忌み嫌われることすら力にしてしまう何かがきっとあるんだろうと...
(中の人含め)その迫真の演技というか真剣さには、さすがに参ってしまうのだ


が、それを阻止すべく、颯爽とラン兄登場!
おーパイロットスーツ姿も様になる、りぜるまいん様ァ!
などと、お茶らけている場合ではない展開なんですが

まぁ閣下の方も一体どんな思いを抱いてこの場にいるのかとか
色々考えたら夜も眠れませんわな...(実際そんなことはなかった)

結局そんな兄貴をかばってムギは共にキッスへ逃亡...
二期へつづく話の展開からして、まあ必須な別れ方ではありますが
キッスといや案外組織化された集団で驚いた...もっとならず者的なものかと!


グラニアさん、この人の存在も気になる...
というか、中の人のソツのない演技に驚いたんですが!
↑まめぐ、ついに熟女も演れるようになったかァ...


今度こそ、本当に本当のお別れ...
ランの涙...!
この手を離したら、もう永いコト会えないかもしれない
次第に離れていく二人の距離...この間がたまりません
「バイバイ!」「またね!」...それでも繰り返す
ま、r――っ これでよし、と描いた指先の軌跡が...
ふいに停まって、あふれだす涙
誰も見てないから、今だけは...という本音が切ない!


それでもジャージ部魂背負った健気な少女の夜は変わらず明ける
宇宙の果てから不意に届いた一通の手紙
何だか心は時と空間を余裕で超えてるなw
「まどかちゃんへ、また三人で喧嘩しようねっ♪」
ムギナミ...相変わらずそうで何よりだw


この人もあんな大怪我した割には元気そうで
そろそろ話してくれても...ってそりゃそうですよねぇw
しかし、会長がそもそもの発端もとい、そんな長生きだとは...
「私はこの宇宙を安寧と惨禍でこしらえた永遠のループに...」
魔女!?...シー○ーかよ、みたいなツッコミはなしの方向でw


輪廻の花(ラグランジェ)も無事、鴨川に根付いたようだし?
何はともあれ、めでたしめでたし、
...で、終わるワケないんでしょうけど、まだ続きますし


何気にコイツらは地球(鴨川)に帰化しそうな勢いだなw
アレイはメイド服襲名!?あとの二人はどこぞの執事だし...
やけに上手い履歴書の文字が...もだけど書いてある内容が気になる!


デ・メトリオ三人組はこのままBHWに就職?で二期にて、
まどか達三人娘とも交流がちゃっかりあればなおよし、

まあ宇宙に行っちゃえば鴨川連呼も出来なくなるので(爆
そこはきっと半々にしたり、どうにかするんだろうな、やっぱ

某王立軍養成時代にユリカノに誓いを立てた三馬鹿の思いは変わらず...
な、部分も熱いですしね(ヴィラ兄が間接的にそこに絡むと最高)


ランとの別れでは、あんなこと言ってたけど、フツーに手紙は届くし(笑
案外OVAでも再び三人娘in鴨川が見られたり、してね?

色々思うところはあったけど、作品としては結果的に楽しめたし、
後半二期の展開も漏れなく期待したいところですね!


 
         '⌒ヽー――--
          //     ゚,       \
       /  i    i |´ ̄`ヽ     / \
          | |i  |  |E     ミ  f¨¨ヽ   }__
       | | |l  |乂|_リ_   ミ   ゚ ,  O,ノ }
       |__j,,..レ‐┘  ≧=ミ   ミ  ∧ イ 、__/
        }=≦    :.:.:.:. }{  }  乂_,ノ  !
        |{:.:. /      }{  ||⌒iミ } Υ   やだ〜帰る おウチ帰るゥ〜
        |{   r== 、     }{   ||  }ミ } ハ
          ,{  |    〉   }{   ||/<二}ノ
         丶  ー‐ ′  }{ ノ||彡'´
          \        ´ {.i|_
           リ冫-‐f´  _ -=ニニ|
         _    <‐rr‐<ニニニニニニ|-―==ミ
       /_У)_}=li|ニニニ=- : : : :/: : : : : }  ト
        {  彡 Уミ ∨ア: : : : : :/: : : : : : |  |:|
       ∧  {ヽ    〉 : : : : : /: : : : : : : |  l:|
       / ∧  }〉    / : : : : : :′: : : : : :./ /:.′
        | .: : }  /   /: : : : : : :{/: : : : :./ / /
       _| |_/ニ={ -=ニ\: : : : : : {: : : : : : }ヽ、.′


さすがにこれは戦慄するほどメンコかったわ...w









記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ラグりん最終回...時をこえ輪廻は花ひらく?

2012/03/31 03:43
おぃおぃ、いきなり何が始まるのかと思えば...
何か随分と芝居がかった幕開けだなと思いきやw
なんだ、ただの百合かw


ということで、自分の中でも賛否両論あったラグりんも最終回
「鴨川DAYS」なる中休み的OVAを挟んで二期へ...

という感慨も正直薄い分割2クールです罠;;


宇宙人という概念がそれほど根付いているのか鴨川は?
結構、クラスメイト間でも人気のあったラン
ちょうど卒業の時期と被るお里帰りだねぇ


おもいっきし後日談、になってますけど、レ・ガリテの使節団?到着...でも、鴨川は平常運転w なのが面白い?
「まだ鴨川のよいトコ見せてなかったね!」
で、連れて来られた「誓いの丘」には無数の錠前が...
こういう丁寧な描写は非常に好感持てるねぇ
別れの時が波のように押し寄せる二人...
一人だけムギナミがいないけど、三人の心は一つ


で、唐突に最終回前の話の顛末ですが、
ようこ姉が瀕死の重傷を負い...多大なショックを受け、
再び「輪廻」とやらを開きそうになる、まどか
戦慄の舞台の中にあってもヴィラジュリオ兄さんは御満悦?


定番だけど、やはりまどかのアウラがおかしくなると、
まるで並列化されたようにリンファやイグニスも?
主要機?パイロット感情やらパワーが伝染しまくり
それだけ共鳴度が半端ない三人の機体ということか
この辺の描写はもうお約束、というか...
I.Gだから、というか色んなものを連想させるkどw
イカ会長もといアステリアにとっても、決して彼岸の出来事ではなかった


なんというかもう...
美しければ、それでいい...
というレベルを超える現象なんでしょうけど
歓喜のあまりモイドさんもキレまくりですw


いきなり謎空間へジャンプしてしまう、まどかの意識
...えと、もしかして、ゾーン?w 「あの花」EDじゃないよwまどかが励まされたという女子は、いうまでもなくユリカノさん

自分の意思でここにいることを選んだ彼女...
思いのほかオトコマエで、まどかでなくても惚れたかもw

おおーさすがあの人の妹だァ...!などと、まだ色々判明してない
ながらも、非常に感慨深げな、まどかのユリカノとの遭遇でした


ネタバレですけど、かつて輪廻を開いてしまったユリカノ
(ヴィラ妹)が現世に戻らず、あの空間に留まり続けている...
そのおかげで出てこれた二人の話の中の「彼女」、それが
再びまどかがウォクス介して輪廻を開きそうになったので、

っていう筋立てのようだけど、その発端が今現在ファロスを
何がしかの使命を帯び、牛耳ってるとある幼女であるとかね

ってか、うーん...ますますw 

それはともかく、その忌まわしき伝説を継ぐウォクスめぐっての
ヴィラジュリオとかディセルマインらの思惑も気になりますな...
(ユリカノが星一個潰しちゃってるだけあって)

そもそもヴィラ兄が祖国を追われたのは、なぜなのか?
この辺も非常に気になるところではありますが、

国家間の命運、というよりは、もっと個人的な理由で動いて欲しい
部分もあるけど、その本音と建前みたいな大人の男同士の掛け合い、
みたいなものも存分に見せて欲しいような...アッーな展開は勿論?w

ということで、どうでもいい話で文字数尽きたので分割します!









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダメトリオ御三方、聖地鴨川おらが祭会場はこちらです...

2012/03/09 03:30
先日のNHKクロ現、聖地特集には笑わせていただきましたw
てか、やっぱウザすぎるだろ鴨川!(国谷キャスも思わず失笑)

何でもかんでも鴨川!鴨川!連呼の嵐だぜよ
たま○らやら他作品は、まださりげなさがあって成功してるのに...

地元のやる気は解る気はするものの、作品それ自体や
聖地認定したいご当地そのものが売ることを前提に積極的に
戦略を押し出してくると逆にユーザ側は萎えるという法則を知らんのか...

例の菜の花畑のキャラ書割のとりあえず聖地です、みたいな
やっつけ感がそのあざとさの象徴のよな気がいたすました

とはいえ一作品として、それなりに楽しんでいるラグりん


ビィ、ウィズ、キィィィッス!!!(禿ワラタ
おかしな挨拶を流行らせるんじゃないw
この片田舎の乾いた空気がたまらん...
(勝浦か...そういや三重熊野にもあるわな)


回想にて初登場のユリカノ
デ・メトリオとレ・ガリテ...ますます雰囲気がファ○チルっぽ
使用前(違)もイケメンすなぁ...
やはりヴィラジュリオとディセルマインは無二の親友だったのか?


ヴィラ兄貴が用意したダメトリオ三馬鹿アジト
アレイは何だかんだでメイド仕様を楽しんでいる様子
民宿仕様のアジトとか渋...つかフツーにお茶の間に馴染みすぎw


キリウスさんも普通に黙ってればイケメンなのにw
あの束ねた後ロンゲ(後ろ髪)になりたい!
アレイもメイド姿なのに無駄にショタイケメソ


着々と準備の進む学園祭もとい、鴨女のおらが祭
ジャージ部まどか達も大忙し
まどかは、やはりミドリ凍結を気にかけているでは?と
ドジッ子ランちゃんは本日も健在です


色々手持ち無沙汰なイゾ
ふと目にしたTV画面の時代劇
そうだ、鴨川行こう!
電車に乗り合わせた婆ちゃんの世話話に何となくつきあいつつ
フツーにいいやつ...というかやっぱ現地に馴染みすぎだw


キリウスとアレイも単独行動のイゾを追って鴨川へ
あるある、自販機に何度も拒否られる千円札w
アレイは会長もちのカードで楽々改札通過


イゾ鴨女到着
「たのもう!」でなぜか変態あつかい
水も滴るよい男...やっぱそうなりますよねぇ


実は一戦を交えた仲でして...
いやらしいコト考えるんじゃない
なぜか急遽まどかのカレシということに
でも、この女子高特有のノリは楽しくていいね


偶然海辺で出会うまどかとキリウス
なんかいい雰囲気じゃね?
お互いかつての敵同士と知らずな展開ですか
あの娘に聞けばよかった...て、本人ですから!


なぜ、そこで転ぶw
レ・ガリテ王立宇宙軍にて剣の腕前で右に出る者は...
この一周遅れなカンジが最高ですキリウスさん


ひょんなことからアレイはウェイトレスバイト
まどか宅を訪ねるも...
カラダd...え、そそんなグワァァーン
無銭飲食でアレイ貞節の危機?
おっちゃん、いい度胸もとい趣味してはるわw
初めてのバイト代
何だかんだで、よい笑顔だ
何となく三馬鹿も鴨川に馴染みつつある昨今...
まあランたち含め、古い故郷みたいなもんだしねぇ


今明かされるジャージ部結成秘話
母をなくした幼少まどかの目に、
ようこ姉ちゃんの勇姿は輝いていました
単純にええハナシやぁ


それがこの屈託のない笑顔に繋がった
思うところのあったイゾは無言で帰宅
とりあえず物騒なモノはキリウスに返還しました


てか玄関開けたら...
一人ゲームに興じるヴィラ兄貴の姿がw
最早ハワイアンダンサーにスカウトされるレベルすな!


しかし、内心はヤル気満々
三馬鹿もその現実を突きつけられるのだが...


結局アス会長とは交渉決裂、ウォクス強襲の強攻策に出るのかヴィラ兄貴
キッスメンバーとも合流し、ダメトリオ三人はその作戦に乗るのか、それとも...
何となーく予感では、まどか側に付きそうな気もする、お人よしの三馬鹿トリオ

まぁそれを言ったらヴィラジュリオも、そしておそらくはディセルマインも?


生ディセルマイン殿下!お美しいです...
やはりヴィラジュリオのことを気にかけているよう?
アッー


なんだ、おらが祭は来週か
やはりヴィラ兄貴がおらが丼をかっこむのも時間の問題のようだなw

正直茶の間に聖地巡礼とか流れて恥ずかしかったじゃねーか...



次回、さらば鴨川...(だめじゃんw)

ここんとこ干されかけてた(日産涙目)ロボ戦復活か?
まあ鴨川でドンパチやられても、客を誘致したい聖地としてどうかとw

要するに欲張りすぎなんだよなー萌えも聖地もロボもSFも...
一見目新しいような気もしますが、それこそ上手くやらないと中途半端に
なるばかりか早くも1クールにて失速するのが目に見えている(つか既に図星?)

まあ全国放送でダメ例として取り上げられてしまった以上(やはりそうなのかw)
聖地云々というより二期に向けマターリやってく他はないような...
第一にまず作品評価あっての外野の販促活動だからなぁ...

ギルクラもそうだけど、あからさまに売れセンを狙うと、
作品としての軸がブレるというか、結局何をやりたいのか
わからなくなってしまうという危うさがありますなー

そういう失敗例として鮮明に胸に刻んだ今日この頃(苦笑
どこかで見たような何か、みたいな既視感は多少は仕方ないとしても?






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


めぐる輪廻が呼んだ鴨川ロリータ&男の娘!?

2012/03/03 04:49
各自マシンでキャッキャウフフなまどかたち

ようやっとランたち異星人側の諸々解説が進んだ回かと思いきや
とんだ伏兵によってラストすべて持ってかれてしまったわな...


...何やってんすかアレイきゅんwお、男の娘...だと... かわいい、じゃねぇか(ゴクリ)
てか、君もそこで無駄に恥らわない!
「色々あったんだよ...」の、
「......」の部分をkwsk聞きたいですなw


そんな脱走アレイを手引きしたばかりか専属メイドにまで仕立て上げた張本人
ノウムンドゥス財団のアステリア会長代理?
最初は清楚なおしとやか幼女かと思いきや
もう、結構なタマでびっくりです(笑
このロリババアには、さしものまどかも...
でも、この娘も案外こういうトコあったのね?


さらには
ワンは嘘...ワンは嘘...(鬱々)
何というか色々ご愁傷様です...ラフィンティ姫


ファロス内の貴賓室にて三者会談
ようこさん、腹黒会長に何かしら買われてます
当然モイドも列席
デタ!しかし、二万年前にどうとかって話は正直...


♪一万年と二千年前から 愛・し・て・る〜??(爆
いやニ○ル星人とかイ○ミナティとか、そんな厨二設定どっかで...
激しく既視感を感じるのは気のせいですかw


そして同じくして因縁の場所、鴨川シーワールドにて明かされる真相!
ランはド・シリアスモードで語る気満々ですが
まどかはナマハゲとか的外れなコト言ってるし(笑
確かに唐突な話だが宇宙人だと思ってたのに出戻り古代人とは...


怖がりな姫さま、かわいい
こうして見ると立派に三人姉妹
ミドリは浅黄の鬼にはならない
まどかは不思議に懐かしい気持ちになるも...
この辺の輪廻とかいうのにユリカノ関ってくるのかね?


公式にキャラ表と中の人など詳細出たしね
どうも死んでる設定のようだが回想話とかか?

ヴィラジュリオ兄の実妹のようだが、まどかと
瓜二つだったりするのは単なる偶然??


アステリア会長の命によってウォクス・アウラは凍結
反発するランとムギナミを宥め、まどかは素直に従うが...
このロリ、どう考えても何がしか目論んでいるとしか?
そう、この目が結構怖いんだな...
この人ホントーに地球人でゲソ?w


それにしても、見れば見るほど...な作品だわなー
っていう個人的見解はともかく(苦笑


アウラ凍結を断固阻止しようと立てこもる二人
会長の御守はさぞや大変...
テラ、まどかイケメンw
ジャージ部魂を大切にするからこそ時には引くことも必要...ってか
そしてまどかが繋ぐ三人の絆も永遠?
もはやハーレム状態w ...の、三人娘を見つめる会長の目が


しかし、まったく気付かなかったw
結構、始終出てるんだが全く違和感なしだし、誰も気付かないし
さらに来週もメイド姿のまま、だと...?
何か作為的なモノを感じるのは気のせいですかw


おおっと!ここで小野Dことデュセルマイン様の御出ましだ!
何というノーブルなセ○ス声ですか...っっ
モイドさんも珍しく?当然殿下の前ではシリアスです


デュセルマイン殿下、はやくモノホンの御姿を拝みたいっす♪
(ヴィラ兄貴との過去より連なる愛憎劇とかもねw)


てか、しっかりヴィラジュリオ兄さんが絡んでたのね...
「ラグランジェの花は二度と咲かせてはならない」
この言葉の指し示す意味と会長自身の思惑は?


当然ヴィラ兄貴はファロスの親玉であるアステリアら
とウォクス引渡しをめぐって交渉中と...

でもって母星レ・ガリテのデュセルマインも地球側の
モイド・アステリアを通じてウォクスの回収を...という流れか

「再び輪廻を結ぶ輪を開いてはならない」
...この辺がどうやら、まどか過去の記憶と繋がってきそうですな
それに光を当てる云々言われてた、ようこ姐さんがどう絡むのか...

二万年前にランたち祖先の文明を滅ぼしたウォクス暴走
が、再びウォクスが必要になり接触を禁じていた聖域、地球へ
しかして同時にそれが伝説をよみがえらせる切っ掛けにも?

何だか堂々めぐりな話ですが、そしたら先々週にて
その輪廻を開きかけた、まどかたち感情の爆発暴走とは...?

アハハ何だかますます恋愛禁止令じみて参りましt
(でも大体の切っ掛けなんてそんなモンだしー)



さて、来週は学園祭話か
キリウスたちは、またしても的外れなこと仕出かしそうだなw
そこでまどかたちと出遭う三馬鹿トリオってか?w

ユリカノ面影のある本人見てどういう反応するのか...
(この辺詳細は外伝漫画参照、という所)






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


祝☆鴨川百合三人娘結成!?海と裸と友情と

2012/02/25 00:11
ラグりん(分割2クール?)とりあえずムギナミと
まどかやランたち和解で早くも前半戦終了?

...で、前回の「輪廻が開いた!」は?(笑

唯一の拠り所「お兄ちゃん」に突き放されムギナミは...

抑圧された何かが解き放たれた本物の涙


こういう過去話が見たかった
デ・メトリオから追放され辺境惑星に流れ着いたヴィラジュリオ皇子
少女の中の生きたいという気持ちが少年を救った

そこは辛苦しかない最果ての惑星
空虚だからこそ感じ取れる大切なものがある
二人を命という絆で繋いだアイテム
この構図、まんまヴィラ兄初登場の6話と同じ
彼女の中には単なる恋愛感情ではない確かなものが...
この時、ヴィラジュリオの胸中にも?


ムギナミは一人何を思うのか...


モイドはムギナミでさえ交渉の条件?として使おうとしているよう
この薄目キツネめが...
どうでもいいがせっかくのプリンアラモードがァ...
これはこれで美味なのだろうか?
異星人の味覚はわからんw


あざとい、とは思いつつ...ですなw
お嬢様もといレ・ガリテの姫様もウナギには形無しです
諸々薄い本の予備材料...だな


まあ、まどかはムギナミの過去を一切知らなかったわけだけど...
ちょい今現在の面影が出てますな(笑
こりゃ、お兄ちゃんと慕うのも無理はない
行き倒れ幼女の次はツインテ!ツインテ!


担任センセに喝を入れられ、
ジャージ部魂、復活!でムギナミと向き合うまどか...

途中で媚びてんなー...とか激しく突っ込んだ、水着&ウナギ・
お風呂&裸海・メイド服の三大萌えヲタ要素満載の今回だけど(笑
(まぁこんなあざといタイトルで記事書いてる自分もだがw)


やっぱり心と心でお互いに触れあうのは風呂場が一番
お兄ちゃんを想うムギナミ、そしてムギナミとまどかの想い
どっちも同じように大切だけど
どうやらムギナミも少し吹っ切れたようです


それでも出て行こうとするんだね...
そんなムギナミを引きとめようとするラン
そして、まどか
一緒にお風呂にも入ったし、もう家族だよ!とか...


やはり、いい涙だ...
ちょい貰い泣き
これは、やはり泣くしかないやろ...


そして、やっぱり王女様は一人で拗ねるんですなw
にしても、ハダカパジャマはやりすぎです姫w
二人(ボソッ...下が全裸だなんて色々用意がよすぎるぜ)
真面目一本なのに一応照れたりするのも御一興


...三人娘がじゃれあう深夜ハダカ海
鴨 川、 は じ ま っ た なふつくしい...


べつにいいんだけどねw
三人ともソックスの丈が違う点にこだわり発見
お、いつものムギナミさんだ
そして以前のように弄られるランw


三人揃って仲よくパン齧り登校です
いぇぃ!
これぞ、青春っ!

エンドカードまで仲良しジャージ三人娘w


途中、個人的に色々と思うところのあったラグりん(苦笑

しかし、今回は萌えありシリアスありで作画にも気合が入っており、
シリーズ半分過ぎての盛り上がりとしてはよかったんでは?と

だがしかし、ラン兄ことデュセルマイン様が出られるまでは
鴨川とか何とかでお茶を濁してもられないぞーと...!

とか言ってる間に来週は鴨川シーワールドもといイルカ娘回?だし


ところで鴨川エナジーの商品化はいつですか?
キリウスに妙なモン飲ませんなヴィランジュリオン兄貴w
(どう見ても酒が入った良い親父)


↓ご当地の聖地認定にしては、やっつけ感が酷すぎる(爆
【聖地】房総鴨川に週末2日間で1200人が訪れる 
菜の花畑に『輪廻のラグランジェ』のキャラクターパネル







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラグりん急展開!鴨川にキタ男

2012/02/10 15:57
開始以来、またーり鴨川押しの日常的な展開が続いていたラグりん
(まぁ敵側イケメン三人衆とのウォクスバトル含めだけど)
ようやく5話にして本格的に話が動き始めたという感じですな!

鴨川にキタ...あらま、いい男ウホw
このワイルドな風情とイケメン声(中村悠一)がなかなか...

このヴィラジュリオさん、どうやら例の敵イケメン若衆御三家?
とは敵対しているようで...?義賊集団の頭領らしいけど

こいつとムギナミが(義理の)兄妹ということは
やはりムギナミもランたちとは異なる勢力側に?

つか、かなーりな本性現しはじめましたね、ムギナミ(苦笑


その天然ムギナミさん、鴨女まどかクラスに転校ののち
かしこまり〜(笑

まどか宅(下宿先?)BWHにてバイトするなど結構な活躍ぶりw
(これでタダ飯食らいのらくちんニートォ?)

何気にスク水姿もサマになっております

で、当然ムギナミに対抗するがごとくランも転校
ウェイトレスバイトではヘタレ全開でしたがw

ランに関しては当初は、ここまで人間くさい宇宙人
...もとい女だとは微塵も思いませんでした(笑)

というか単に妙に生真面目なだけ

というか対するムギナミがアレなだけ(爆
ランの神経逆撫で...相当にイヤらしい女ですw

ランの使命的に実際ムギナミは重要参考人である調査対象
妙にまどかに迫ろうとすることへの対抗心、嫉妬心もあるんだろうが(笑

でも、冷静なランもことごとく騙くらかされそうになってますねぇ
とにかく生真面目な人間にはああいうのは理解できないというか
逆に上手ーくはぐらかされそうになるっていうか調子狂わされるっていうか

...まさしくラフィンティ様ご苦労さまですw


そのラン、ラフィンティも実は高貴な生まれのようで...
フツーにモイドさんには「お嬢様」と呼ばれてたが

彼女の過去、幼少期の遠い思い出
ラグランジェとは、つまり彼女の故郷の花の名前
なんか雰囲気的にファンチルとか思い出すわ...w


そして、まさかの...この皇子さまが、
冒頭のイケメンおっさんの綺麗な使用前(とかいうな)w

なんか宇宙海賊フゼイ?に成れ果てるまでの過程が
激しく気になりますな...つか個人的にどっかで聞いた話w

当然ランとも以前の主従関係とは異なり殺伐としたものに?
王女様とそのかつての僕の間に一体何が??


業を煮やしたランは校舎裏にてムギナミを問い詰める
しかし対するムギナミも...
まあ当然この女的に、しらばっくれますね(笑

というか秘密裏にウォクスに裸でチクッとされたことが問題なワケで
それがメモリア...つまり個別生体認識ということか

私の最強のお兄ちゃんが来れば戦争になるよー
とか、無邪気にのたまってるし...何かこの娘ちょっと怖いw

確かにランいわく「明るい笑顔の裏の恐るべし企み」
というのも、あながち嘘ではない気が(苦笑


そのムギナミのお兄ちゃんことヴィラジュリオ様
しっかりまどかと浜辺にてお知り合いに
結構いい兄ちゃんなんだけどな
この蔑んだような目で眺められたい...

その夜、まどかの家で暮らすムギナミの元へ
やってくるヴィラジュリオ...

普通に「お兄ちゃん」とかじゃれるムギでしたが
その後の変貌ぶりが見ものなわけで...

当惑するまどかに平然と戦闘が近いことをうそぶく
あの天然お気楽性格の裏の腹黒さを垣間見たw

しかし、そんなムギナミにヴィラは...
勝手なことすんじゃねぇ、とドスの効いた声で凄むばかりか
あまつさえ... お、お兄ちゃんコエェ...

このムギュナミへ堕ちる様がたまりませんな...
それまでの言動やらでザマァとかいう意見もあるが...w

当然、ジャージ部もとい正義の味方であるまどかは黙っていない

ウォクスシリーズの破壊を条件に出して去るヴィラ

さあ、どうする!?まどか


でも、ほんとはやっぱりイイヤツなヴィラ兄ちゃん...
さりげにムギュのことを目線だけで気遣っておりますな(惚
天然ニート役立たずのムギュも次回から心を入れ直すのか?
(そうじゃないけどw)


途中でも書いたけど、なんとなくだけど敵宇宙人側の設定が
妙にファンチルくさい(笑

タイトルが輪廻だしなぁ...まどかは転生(ゆ、ユリカノ?)とか関係ないよね?

伝説のオービッド(とかキリウスたちが話してた)とかいう
ウォクスの謎も、やはりタイトル的にラグランジェの花と
関係するのかとか...

自由、魔力、あわてんぼう、だっけ花言葉

のちに出てくるであろう、ランの兄上であり彼女の星
レ・ガリテ国王様であるデュセルマイン(CV:小野Dぃ!!)
とかの登場も当然楽しみなのですが

ふむふむ、デ・メトリオとレ・ガリテとの間で星間戦争してる
という宇宙側のストーリー的背景があるのですな?

ヴィラジュリオはポリヘドロン構成国家である
レ・ガリテとは敵対する反義賊組織キッスのヘッド
(キッスとか何か反社会派のロッカーぽいw)

デ・メトリオ出身のキリウスらは当然ランたちとは敵対
先週ラストでヴィラが彼らの船に来たのも同盟を持ち掛けるためか?

その他にも戦艦ファロス(ランやモイドのいるアソコ)建造や
ウォクス・シリーズの運用に関わっているノウムンドゥス財団
というのもあり、そこの会長代理のアステリアなども今後登場予定と

地球側とその財団の関係とかも、はたしてどうなっているのやら...
まどかの従姉で海洋考古学者のようこも今後どう関ってくるのか

ウォクスをめぐる色々敵側にも二重三重の複雑な背景が
あることも見所の一つと言えるも、それ以上にまどかの過去と
ウォクス・アウラの関係、そして今後の展開が気になるラグりん

デ・メトリオの王女ユリカノなども気になるキャラの一人
案外デュセルマイン様と道ならぬ恋仲だったりなw

さり気にヴィラジュリオさんはまどかを見て、そのユリカノさんを
思い出してるしで...うおゥ恋敵だったりするのかマジで?!

その辺とかも何気にファンチル思い出してしまう

どっちにしても(声は最近おのでぃの道を阻む?wゆうきゃんだけどな!)
過去にランの世話係をしてたヴィラとデュセ様の関係?とかも気になる

ぜってー親友同士(敵対同士なのに)だったりするんだぜ!?
何となくヴィラはレ・ガリテで捕虜として?暮らしてたような感じも...
(というか途中から敵になったのか?)

そして未だベールに隠されたデュセルマインの人物像
いかんで今後の話の内容が色々と大きく転がる気が!

なんとなく公式見てると青いシュナイゼルw彷彿とさせるんだが...
(マジで人物相関図とか見たい)

などと今から色々と(薄い本的にw)妄想が拡がりんぐな
何気に腐の向きにも、お楽しみのラグりんなのでしたー




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まるっ!な輪廻のラグランジェ

2012/01/12 02:31
うおおぉぉー!!これは今年初の未体験ゾーン突入かっ!?


な、輪廻のラグランジェ...早くも今期No.1に躍り出たかも!?
(ニコ動生放送でプレミアムに追い出されたので他で視聴汗)

というか、まめぐラスマスOPにほとんど持ってかれたんですけどねw
もう、速攻でamazonポチッたわ(笑

このまるっ!はキラッ!の姉妹品だったり...まめぐ的にw

坂本真綾・最新アルバムで心惹かれた年末、早くも他アー(とはいっても、
元々星間飛行ジャズアレンジで接触はあったしまめぐだし)とのコラボとは...

このミステリアスなデジタルポップアレンジと3D映像マッチングの新しい感覚

ちょっと新年早々唸ってしまったのは、やっぱり根底にあるテーマに
クルものを感じてしまうからだろうなぁ...(だから色々ぐっと来る)

ラスマス・フェイバー半端ねーっっっ
(何気に作詞がサエキけんぞうでツボつきまくりだし)


ジャージ部というのもダサ新しいカンジでおk
京乃まどか...爽やか体育会系ヒロインは好感度抜群

曲線を活かした透明感のある未来派なロボデザインも秀逸

本編的にも、ありがちなSFちっくな話をしっかり自我の確立した
メインヒロインの女の子視点で描きつつ、ロボなど驚天動地な
部分は相応に魅せて、でもあんまり動じてない主人公異星人間
やり取りの面白さ、そのバランス感覚のよさが最大の魅力

完全にボケ役な異星人...「ワン」が謎だw

と思ったら、これもI.Gでやんのw
萌えものもやればできる子なのにギルクラどうしたw

(確かにどっかで見たことあるよーなw)
話題のロボは日産の中の人がデザインしたとかで
おおー 飛行形態も美形だ
「宇宙人!?」このあと...ワレワレハ(爆

それはともかくヒロインとロボ(ウォクス)との関係は
輪廻がどうとかいうタイトルとも関連してるのだろうか?
(そもそもラグランジェとは?)

そういったリアルチックな未知数映像含め、とにかく
画面を彩る色彩の美しさに目を奪われた30分...

あ、なんとなく敵ロボが「ぼくらの」っぽいのもあるのだろうか?(笑

I.Gらしいハイクオリティ映像と個性的な演出脚本の妙で何とも言えない
画面に釘付けヒトトキを醸しだしていたのでありました!
(と思ったら制作はジーベックだったけど)

しかし、なぜギルクラはこれができなかったんだろう!?
ベースのストーリーはどちらもよくあるようなSFものでも、
料理の仕方でここまで仕上がりが違ってきてしまうという

ま、きっぱりした爽やかな性格の明るいラグランヒロインと
ウジウジ主人公を比べられたら...という辛い部分もあるのだがw

どっちもいきなり未知数体験に無理やり引っ張り込まれるのに、
ソレに対する気持ち対応の仕方でここまで違うかと...

要するに男子と女子の違い?まあドラマ的には色々あるってことで

うーん、竜のつく方の佐藤監督はこの手のジュブナイルSFの
第一人者だしねー(ステルヴィアとかは途中で切ったけど)

ギルクラは色々手を広げすぎて結局何がやりたいのか
よく解らなくなってるっぽい?だからのあの中身の薄さorz

というか大事な部分を出し惜しみしすぎて結果的に損してるような...
色んな意味で明暗の分かれた二作という気もしますが

次週は特訓!?(あのゴム止め前髪は...あの花じんたn)


そうそう!大事なのはこういう半ば強引にでも視聴者を引っ張る何か!
表面上な部分は色々小手先使っても芯の部分は手を抜いちゃダメ

まるっ!な座右の銘が天真爛漫ヒロインは、それこそキューティー○ニーも
真っ青なジャージのチャックを下ろせばな等身大最強ヒロインなのでありました(笑

お色気シーン含め嫌味のない萌えもバランス感覚のひとつ

萌えは萌えでも、やっぱ体育会系はとにかく爽やかっつうか、
何か否応なしな強さを感じてしまうわなーラグランまるっ!

(いや色々書いたけどギルクラはそれなりに後半期待してるからw)








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「輪廻のラグランジェ」ブログ

あにをた☆ソムリエ 輪廻のラグランジェのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる