アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「谷川柑菜」のブログ記事

みんなの「谷川柑菜」ブログ


夏待ちまとめ...誰かを幸せにするための片想い

2012/04/05 03:28
さて、いつのまにやら大団円を迎えていた夏待ち
(つか序盤の4話から更新途絶でやんのw)

個人的には沖縄編の前後くらいから次第に
微妙〜になってきてしまい...

正直、幼馴染話とか激しくイラネー!(苦笑

めんまとか電波女出してる暇あったら、もう少し主役
二人に絡んだ一方通行的、片思い連鎖の描写をだな...


でも、この女神のような笑顔ですべて許される?
ぽわわん、としたちょっと抜けてるカンジがよいのだ


自主映画製作でまさかの宇宙人役!?
とかも檸檬先輩が鋭いのか偶然なのかと面白かったけど
檸檬先輩は、やっぱこのポジがよく似合うw
序盤から皆がフツーにりのん認知?とかも気になってたけど...


4話以降よくわからなかったけど(ヲィ)
要するに、海人←柑菜←哲郎←美桜

という四角関係?(方向が直線なので全然違うが)
だったんだな...

その頂点が勿論、イチカ&海人の両思い...

そして結局、
イチカ&海人 ・ 柑菜 ・ 哲郎&美桜となってしまうんだな...?
(しんみり)


もう最初から玉砕確定、みたいなカンナたん
柑菜と哲郎...報われない同士、切ない
まぁ幼馴染...というよしみはあるにしても
...お互い相手はすぐ側にいるのに


なぜか柑菜は自分から地雷踏んでしまうんだよなぁ...

それが好きな人の幸せだから、

と、自分の気持ちを押し殺して二人を応援してしまう様が、
なんとも歯がゆいですね(結局ラスト一人になってしまうし)


まぁ海人が幼い頃に両親なくしてるっていう話がな
それもあって?カンナは自分の幸せより、
となってしまうのか?(青子の切なさバイゾー)


一番気弱そうな美桜から口火を切った告白劇
髪切った裸族...こと美桜(これが常時裸だった理由かw)
自分の弱さを認めることは本当の強さにもつながる?


なんだかんだで柑菜は茶番担当、というカンジ
猫娘カンナ
と、

エロい表情の先輩(局部はナシ!)と紅型カンナ
舞台が沖縄という開放感にかこつけて...
檸檬先輩もやりたい放題ですw


夏祭りの思い出(新たな聖地巡礼の舞台が...)
馬子にも衣装?
「しゅてき☆しゅてき!」とか連発するイチカ先輩がバグってw


そして先輩のまさかの宇宙人バレ
うーん...
これは監督の世代観の違いなのか?
正直この辺、最後まで何とか隠し通せなかったのかとか...


おねてぃの時は確か周囲にはバレなかったような...?

せめて海人だけにしといてくれよ、ってすると
話が進まないのか?話数的に考えても


身を挺してイチカを守ろうとする海人
おー
カイトくん本気見せましたねぇ!
先輩の涙...
かわゆい...なんか妙に虐め心を刺激される...?


序盤から一話一話のまとめ方が秀逸、
(特にラスト黒田台詞の妙がね...)

とかって思ってきたけど、どこかしら計算が狂って
きてしまったという印象が...?

やはり安易に沖縄(&幼馴染)話とかに逃げてしまったのが
響いてるのか?2クールなら、それも許されただろうけど、
もう少し全体の配分考えた方がよかったかもね?

それでも、


晴れてラブラブになれた二人!
「...告白してもいいですか?」
ハイー! これですべて帳消しになってしまう罠w
要するにお惚気だけど、この微妙なエロさが上手かったりする
これぞ黒田脚本の真骨頂...?
そしてこの人はしっかり...檸檬先輩...w


おまけ:


怖い先輩とりのんww
なー!!!アブネーwwwいや、ほんにりのんはよかった♪


沖縄の海に浮いてるのとかOPスイカとかサイコー!
コレ絶対ぬいぐるみとか欲しいレベルだわw

では、ラストに向けての後半は後日...











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「谷川柑菜」ブログ

あにをた☆ソムリエ 谷川柑菜のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる