兄弟哀歌、そして父子ラスボス対決へ

んー、回を追うごとに次第に終盤が近づいてきてる、
ってな感じですなぁ... とうとうラスボス出てきちゃったよ(笑

そんなわけで毎回、観終わると溜息が出てしまうんですが
(んでブログ更新が遅れる、と。笑)


今回はとにかく特にV.V.に驚かされた?ってのが
大きかった。シャルル皇帝と兄弟っていうのは、
つまるところガチだったのか...

兄さん、ギアスの呪いか何かでショタのまんま(笑
不老不死の身体になってしまったんか?

むーん、冒頭のC.C.マリアンヌず含め、
シャルルとV.V.の構図が色々意味深すぐる...


とりあえずモロ、アーニャ似のマリアンヌたんから。


画像


か、可憐だ...
(字幕すまん)



そしてわいるどッ(爆)美形全開な、若かりし日の
若本皇帝ーもぉ、イエスユアマジェスティですよ。


画像



このルルパパこと若本皇帝には、以前から単なる
悪役以上の懐の深い(若本氏だけに)何かを内心、
感じ取っていたんですが、イチイチ台詞が意味深だ。


「人を争わせる神なら、殺してしまおう」
「...神を殺し、世界の嘘を壊そう」
とかね。
これはシャルル皇帝その人であるところの軸、
なんだろうか、無論V.V.をもたらしたギアス含め。


んで、V.V.と皇帝が契約関係にあるってことは、
傍らで微笑むマリアンヌは、当然C.C.とその関係にあったとか。
あーC.C.の独り言劇よか、早くママンヌ喋ってくれぃw

しかし皇帝はともかく、マリアンヌのギアスって...


まぁそういった推測タイムを誘う冒頭アバンだった
わけですが、そりゃそーと前回からの続きだった。

おま!やはり綺麗にロロの仕業でしたかっ!
しかも、背を向けて必死に憎しみを堪えていたであろう、
振り返った爽やかなルルの笑顔が存外怖いぞな(笑

まーここで泣いてもわめいてもシャーリーの仇は討てないってことで。
そういう無駄に冷静で計算ずくなトコがやはり怖いぞルルーシュ。

どちらにしても、ロロは最後まで(ボロ雑巾のようにw)
利用し倒してやらなきゃならない。それがルルーシュの
当初からの目論み... まさしくこの世は嘘ばかり...


そんなルルを今は心から信頼してるロロが痛いわ。
シャーリー殺害も、そのためにやったことですしねぇ。
なんというか本当にそこに邪気があることも知らない、
無邪気で無垢なロロの微笑みという感じ...


でもルルーシュは、漏れなくギアス嚮団殲滅の
方向に行くんですねぇ、これが(笑
何か感情に任せて短絡的すぎやしないかー?
という声も、おそらく今のルルには届かない...


というわけで、こちらはそのギアス嚮団は、
教主V.V.の魔手にとっつかまったネリ様。

ここでもショタ兄さんV.V.は、ネリユフィ姉妹を肴に
この世で最も美しい関係であるところの「兄弟」
について、とくとくと語ってみせるのですが(笑


そういえば今回は、シャルルV.V.筆頭に、
その兄弟というのがテーマかもな。どっちにしても、
「嘘」が綺麗に絡んでくるんですよねぇ哀しいかな。


はわわ、「最も美しい関係、兄弟」=「嘘」
何か切ないよ、ルルシャルル...


考えてみたらV.V.は、つまるところシャルルを
独り占めしたかったってことなんだろうかね。
...だから、邪魔なマリアンヌぅぉ(ry

ま、真実はそんな単純な動機から出来てるのかも。


ルルを「呪われた子供」呼ばわりしたり、
忠義のため裏切ったジェレミアに対しても、
やたらとマリアンヌに固執してる様子が見えたり...


ああ。C.C.は元・教主様だったのか。
しかし単なるお飾りでV.V.ほどの存在ではない、と。
(ま、ピザ食って部屋散らかし放題だしな。爆)


一期ラストでナナリーに関してもそうだったけど、今回も
私情バリバリで黒の騎士団を嚮団に突撃させるルルーシュ。
その最初の御挨拶がアレってのも(笑

というかV.V.兄さん油断しすぎー
そんなドリフのハリボテみたいなのに(爆
まんまと引っ掛からんといてくれぇ...


てか今回思ったけど、V.V.の中の子役君がとにかく
上手すぎる。最初は棒かと思ったのに何気に進化してんなーw
不気味可愛いV.V.を好演しとるね。


とはいえ今回は、やたらと小物臭もしてきたV.V.
でも不死身の身体だしな。若本皇帝があとに
控えてるとはいえど、ルルの進撃を許したのも、
何か若本のために、わざとって気がしないでもない。


それにしても、さすがそのシャルル皇帝(が目をかけた)
実の息子だけあって、ルル容赦ないな...

まさに血で血を洗う、という徹底的な殲滅具合。
ギアス嚮団であるってだけで、即罪なんですかね。
中には子供までいて、要するにエスパー軍団かよとw


ロロもロロでまったくもって容赦ないですねぇ。
弟や妹同然に接してきた子らまで躊躇いなく...
それもこれもすべては兄であるルルーシュのため。
ヴィンセントに爆弾仕掛けてあるのも知らず、なんと健気な。

ついでにギアス発動→自分の心臓も停止
ってなオチがロロ的追い打ちマイヒットでしたよw


ああ!っていうか今回やっぱV.V.ですよっ

何気に達者な中の人の演技もさることながら、
みょーにシャルルに対する想いめいたものまで見えてきて...
「シャルルに似ていたから、少しは好きだったのに!」とかね。
小悪魔そのものなのに、何か可愛いっぽい(笑


...でも、マリアンヌの血が入ってる時点でルルはアウト、
ですね、兄さん。「...油断してたら返り討ちに遭っちゃった」
て、アナタ。でも、そんなV.V.たんなんかもかわういかも。


ジェレミア専用機であったはずのナイトギガフォートレス
ジークフリートを自ら駆り(ってイメージじゃないが)、
裏切り者のロロやジェレミア、そしてルルーシュを
撃って出るV.V. ...やはりシャルル命、なんですかね?


なんというかロロにしてもV.V.にしても、確かに健気で
献身的なんだろうけど、その想いが漏れなく邪気を
含んでしまう、この哀しさよ。...うーん、兄弟って。


んでもって囚われのネリ様は、この戦闘に乗じて脱出し、
しっかりV.V.機の弱点探ってるとか、もうさすがとしか(笑



画像



そういやバトレー... こんなトコで死んじゃいましたねぇ(汗
しかもC.C.の姿を認めながら、絶命とか最悪すぎるー
「関わらねば良かった、あんな女に...」確かに異論なし(爆


で、同じ敵を前にして互いの存在知らずに、
何気に共闘してるルルネリとか。

「V.V.と言ったか、この私を脆弱にして惰弱と侮ったな―
ユフィの仇、そこで滅せよ!」
「「ギアスの源!!」」
(ちゅどーん)

うあーなんだこの姉弟盛り上がりっぷりはっ(笑

なんだかんだでこの二人は似た者同士だし、
(共にシスコンだしなw)ネリ様とルル、非常に
気が合うと思うんだけどなぁ...実に惜しい。


そして弱点突かれたV.V.はジークフリートごと
まっさかさま。「...やられちゃった」なV.V.もまたよしす...


というか...

妙にエロいんですけど、ショタ兄さん!


画像



そんな目で誘わないでください...


画像



もーまさかのV.V.で今回お腹一杯ですわ、
どうしてくれよう、この姉さんキラーめ(爆

しかし、シャルルこと若本皇帝は...
「兄さんが、また嘘をついた...」

あー。こりゃ確定だよ、ママンヌ殺し真犯人。

しかし不死身の身体だしな、そんな簡単に退場とか
ものすごくツマラナイんですけど。もちっと教主サマの
真髄見せてくれよ、こんなもんじゃないだろー兄さん(泣


それはそうと、V.V.追っかけ隊のルルーシュ。
(実はそんなトコにあったのね)施設内地下にある、
黄昏の扉で待つシャルル皇帝の元へ向かうV.V.を
察知したルルーシュは...V.V.最後の力を振り絞り、
ルルを渾身のギアスで黄昏の間へテレポート。
(つまりコイツのギアスはそれか↑)


はい、らっしゃい。約一名様ご案内ー
てな具合で、父皇帝の鎮座する、黄昏の間、
すなわちCの世界へと蜃気楼ごと転送されるルル。
まさにここは誰、私はどこ状態


「我が息子ルルーシュよぅ、時は来た―贖いの時がぁッ」
何か妙に嬉しそうなんですけど、シャルル父たんw
あんなに目ェ見開いちゃってねぇ、もう。


ここで次回は、御約束の谷口ラスボスタイムだな。
まぁルルが最強最悪の敵を目前にして苦戦するのは必至。
これぞ立ちはだかる、いと高き分厚い壁を超えるべく下克上ストーリー。
シャルルたんの言う、アーカーシャの剣云々も気になりますねん...


これまた忘れてたんだけど、そういや今回、
スザクは囚われのカレンに対して、最終手段に
打って出るんですかね?シャーリー殺害犯をルルと疑い...

しかしカレンは、ナナリー皇女→ルル皇族
っていう当たり前の法則に無論、気付いてるだろうな。
ドレス姿でも無駄にでかい胸とか晒してる場合じゃないですよw


あとシャリ死亡でモラトリアム無事卒業した、
ミレイ会長のルルへの動向とかも気になる...
別に恋敵が死んだからってわけでもないが


OPテーマのFLOWは、ひたすらハッピー爽やか
なんですが、やはりギアスだけに最後は綺麗に
まとめて欲しい。広げた大風呂敷は漏れなく畳みませう。
まさに胸のすくような終盤展開きぼんぬ、ですよ。


あれ...まだシュナ殿下が残ってるじゃまいか。
ということは、真のラスボスは...




WORLD END
KRE(SME)(M)
2008-08-13
FLOW

ユーザレビュー:
充実感に満ちたロック ...
ギアスXFLOWいい ...
悪くない。ただ自分の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック