いまさら化物語デビュー

放送当時うっかりチェックはずしてしまい、結局いいや
と思いつつ後半少し録画したものも未だ見れず終い...
だった化物語

ようやくレンタルしてあったDVD視聴しましたよー

いやー何気にすごいとは見知ってはいたけど、
やっぱり画面の異常なこだわりが半端ない...!

シャフトとか新房というだけで独特の作風が嫌われる
要素にもなっているけど、要は生理的な好き嫌いの問題
絶望先生が難なくOKだった自分には十分受け入れられる
類の作品ですた...

というか、まさに今さらだけど、これはやっぱりアリっしょ!
それぞれが担当するOPもだけど、ヒロインキャラ一人一人に
魅力ありありだし(今のところ「ひたぎクラブ」しか見てないが)
ハルヒ並にDVD&BDがバカ売れするのも全く不思議ではない

何より端々に挿入される新房節ともいえる旧字体の台詞文字
それと妙なこだわりの異様とも思える独特の手法を駆使した
映像表現には予想してたとはいえ、やはり度肝を抜かれる...
(むしろ新房というより西尾維新節でもあるというべきなのか)

なぜかアニプレックス作品DVDは、途中の細かい巻き戻しが
できない...それらの文字やらをチェックするのにチャプター毎に
見直さなくちゃならんかった、と思ったらコメンタリで巻き戻せたわな;;
(そのコメンタリ自体も通常の作品とは異なる趣向なんですがっ)

そんな感じで端々に細かくチェック入れたくなるほど...
要するに一コマ一コマの情報量が半端でなく(それは
絶望先生でも顕著だったが)これはやはり凄いこだわりだと

確かに昨今の作品は背景など細かい部分に力入れまくりで
やはりDVD購入&視聴を前提とした作りになってるのだろうかと

しかしシャフト新房作品には御馴染みの神谷氏演じる
アララギ君はともかく...(まぁ千和もよく出てるらしいけど)

何が驚いたのなんのって戦場ヶ原ひたぎ役の斉藤千和!
このキャストは以前から何となく目にはしてたけど、化物語
自体そんなに自分の意識にのぼってこなかった放送当時、
このキャラで「?」とは思いつつ、それほどの意識はなかった

でも実際、声を聴いてみると思いっきし絵に描いたような
ツンデレさんじゃないですか、最初は千和だとは夢にも
思わんかった...ガンダムOO以来、声優としてかなり
成長したなーと単純に感じてたけど、まさかここまで!

まるっきりの別人、それほどまでにガハラさんの声は
美しく凛と研ぎ澄まされた、まるでカッター刃のような
(武器が文房具とはいえその例えはw)鋭さを携えて
おったのでした...

でかした、斉藤千和!!

これは彼女的には大幅に役の幅を広げたなーという印象
この美千和サンなら他の色んなツンデレ美少女系に
個人的にもバンバン使って欲しい(笑

でも放送から既に2年ほど経過してるけど、他に
そういうキャラ作品に出会ってないのは自分が
見てる作数が単に極端に少ないからとか?(苦笑

それでも斉藤千和という声優の見方が大きく変わったことは
確か...以前はそこまで実力のある役者だとは正直思って
なかった(失礼)だけに、この革命的進化には驚きを隠せない

新房作品としてはヒロインのサービスショットなども
多めですし?(まぁ見てない作品も多数だが)

比較論だけどハルヒが当たったのも、ああいう
独特の作風&そしてやはり強かったのは作中ヒロインの
爆発的な自己主張!その意味ではこの化物語の
戦場ヶ原さんも、しっかりその独自の毒舌暴虐行為にて(汗笑
視聴者の目を画面に釘付けにしたことは間違いなし

何しろカッター&ホッチキス武器に主人公脅してますしね;;
しょっぱなから、あの構図はショッキンかもしてますた
(まったく「よい子は真似しないでね?」の世界だが)


実は、まだ本編見てなかった化物語を強く意識したのは、
何を隠そう某動画サイト...まぁぶっちゃけデュラララ!キャラの
MADだけど(あ、ここでもリンクうpしたっけ)ああいった
キャラソン主題歌の妙は、やはり本作が怪異風味以上の
(美少女)キャラクター作品であったことを如実に表していた

主に主眼が置かれている語り部でもある主人公アララギの
立ち位置は、各々ヒロインに翻弄されまくる、まさにハルヒ
でのキョンそのものですしね(主にハルヒにだけどキョンは)

化物語自体はまだ次巻以降、観てないので何ともだが、
それでも各話数でそれぞれのヒロインを抽出する構成
であることは間違いなく、そしてその中でもアララギ&ひたぎ
(まるでうる星のラムとあたるのようだw)は不動カプであると

まさにツンデレ!やることなすこと毒舌暴虐だけど、でも
アララギに対する信頼や愛情は本物...というガハラさん
黙ってても強烈なヒロインであるというのは頷ける

その主要カプの二人&その他諸々のヒロイン登場、
そしてそのスタイルを上手くそれぞれの怪異話と
結び付けていて上手いなぁと思うこと次第

これが受けないはずはなかろうってレベルですよね
自分が萌えキャラヲタだったら絶対DVD購入するレベルw
(ああ...とは言いつつ視聴するのが遅すぎたぜ;;)

しかし千和っち、歌上手いなぁ...
megrockの作詞も実に的を得ている

あのこだわりのオーディオコメンタリも、最初は
キャラ同士が延々喋り続けるのに次第に飽きてくる
けど(苦笑)それでも、それができるのも実力だなぁと...

何だかんだで既に次巻観るのが楽しみです

あ、何気に櫻井氏演じる忍野もよがったー
怪異といやモノノ怪のこの人ってか?でも
「ひたぎクラブ」のクラブって...蟹のことだったんねw

しかし本当に新房作品の神谷主人公は
典型的な巻き込まれタイプだな(笑

いまや童○を連呼しても差し障りない時代になったか...


ぐほ、駆りっぱなしのレンタル、あとエヴァ破が残ってるよー




化物語 第一巻 / ひたぎクラブ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2009-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 化物語 第一巻 / ひたぎクラブ【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック