あにをた☆ソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小野Dinダンタリアン

<<   作成日時 : 2011/07/19 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うおぅ、一つチェックし忘れ(苦笑

久々におのでぃ分を補充できそうなダンタリアンの書架
(神様のメモ張にも出てましたが...四代目ってw)

GOSICKの後番というのをついうっかりしてましたわ
(上記もだけど)近年1話見逃しというのが既に
常習化してたので、ここんとこ気をつけてたんだけど...

さっそくウッカリしたのでWebにて1話補完

19世紀欧州ものの雰囲気はバッチリ
というか、主役コンビが小野&みゆきちの
一昨年のアワード受賞者コンビだよ(笑

GOSICK同様(実は録画してあって全然観てないw)の
世界観+幻書を巡る推理ファンタジーか...

胸の鍵穴に鍵差し込んで...というくだりは
月並みだけどウテナ思い出すなぁw

どちらにしても、おのでぃ+みゆきちコンビ
という意味でも楽しめそうな(つか小野Dといや
未だに少し前の伝勇伝が観れてないという...汗)

黒衣の幼女と金髪の好青年
...うん、まあ悪くない取り合わせですな
おのっちの朗読が延々聴けたので、それもヨシ

何気に制作がGAINAX
そして前者のGOSICKはボンズ


もう一つの小野出演作(そういう括りかよw)
神様のメモ張...1話が一時間弱って長っ!(笑

そして内容も何となく実写ドラマにありそうな...
J.C.STAFFだけあって作画は非常に丁寧です
(何気に裏僕監督&スタッフだ)

でも、ちょっと内容的にたるい印象も...
本当になぜ二話分に分けなかったのかなぁと

フツーにそのやり方で観れる内容だと思うのだが
これをわざわざ1時間弱に繋げて見せる意味がワカラン
おかげですっかり話がタルくなってしまってます...
(観終わってドッと疲れたのは自分だけではあるまい)

やはりTVアニメは30分が鉄則というコトの意味を
再確認した(苦笑

中身的には主人公といい都会が舞台といいデュラララ!!
を一瞬彷彿とさせたけど、やはりテンポ自体が違う
偶然だろうけどミステリアスなツンデレ幼女が主役
っていうのが最近流行ってるのか?(笑

原作それ自体の評価になってしまうけど、NEET探偵
というのがちょいダサ...?むしろアリスの方でなく男主人公が
だったら、別の面白みを期待できたような...って言っても
原作知らずにアニメ初回を観ての感想だなぁ、所詮

というかマテ...!デッドマンに小野D出てるのか!?
途中で放ってた録画の続きを俄然観る気になりますた(爆


夏新番組じゃないけど遅ればせながら俺妹の1話を視聴!
(と、2話ね)...面白いじゃねーかw

これは面白い観点から、げんしけん並のオタ話が楽しめそうな
なぜか勢い余って尼で中古文庫をポチッとしてしまったよw

桐乃VS黒猫バトルがもうねー
しかし、何だかんだでいい兄貴だ...

オタ隠し云々の悩みは決して人事ではないだけに
(エロゲじゃないけどw)色々と妹側の心理が理解できるかも?

でもオタ自体そこまで特殊な趣味でもなくなってきてる昨今、
だから妹がエロゲという取り合わせにしたのかもな?
さらに表ではファッション他、超イケてる雑誌モデル中学生とか
オタ仲間の間でさえも浮いてしまう自分、とか切ねぇー

よくよく考えてみれば個人の事情なんて、そんなに単純じゃ
ないもんねぇ...オタだからって同じオタと解り合えるわけじゃない
そういう決して画一化できない「一つしかない個」を上手く描いてると思ったり

うわぉ、この辺はあらためて語りたい?かもしれん
そして改めて劇中腐アニメ(ルル+DTBw)に吹いたw






ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)
角川グループパブリッシング
三雲 岳斗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小野Dinダンタリアン あにをた☆ソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる