アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Production I.G」のブログ記事

みんなの「Production I.G」ブログ


BLOOD(or)CLAMP?

2011/07/16 01:26
というわけで...
CLAMPというか結局、奈々様アニメだったBLOOD-Cw

これはなんというか...初っ端から先が透けて見える作だな
第一CLAMPなのかBLOODなのかはっきりせいっと!

さすがI.Gだけあって作画は申し分ないクオリティです
ただそれだけに、ものすごく勿体無い気がそこはかとなく...
(まだ1話だけしか観てない時点でナンですが)

何か最初の発想からしてものすごく躓いてる気がする

最早CLAMP自体が時代遅れになってきてる時点で、
そして(刀や巫女というと「X」思い浮かべるし)既に
BLOOD自体が持ってるファクターが、そもそもCLAMP作が
大本のヴィジュアルイメージとして持ってたものとモロ被り

だからこそコラボ自体がしやすかったのだろうけど、
どちらにしても、ほぼ新鮮味に欠けるのは言わずもがな
勿論、今後の展開でBともCともつかないモノになるのなら、だけど

・制服すげーな(鎖w
・髪型ウザイなんとかして
・とにかく奈々様が張り切っていた
・翼手は御地蔵さん

みたいな典型的ニコ動由来の第一印象はともかく(笑
小夜はドジっ子天然なのか鋭いのかワケわからんしw
(一瞬あの花の鶴子さんが脳裏に浮かんだのは気のせい)

やはり、だからCLAMPなのかBLOODなのk...
という堂々巡りの感想が浮かんでしまう時点で失敗だったかな、と?

個人的に前作(繋がりないけどw)のBLOOD+の方が
曲がりなりにも思い入れ持って観れてただけに、これは
どうも企画重視のニセモノに見えてきてしょうがない

本当にBLOODをやりたかったのなら、
CLAMPはやめるべきだったかもしれませんねぇ...?
それよりもっと未知数な作風で作った方がよかったかも

ちょいCLAMPという発想自体が既に古かったすね
(10年くらい前だったらギリギリ新鮮だったかもだけど)

個人的に、最初のCCさくらやXはともかく既存のCLAMP
アニメで思い入れを持てたのは別にCLAMPじゃなくても、という
部分で面白さを感じた作品だった(エンジェリックレイヤーとか)

だから「よくも悪くもCLAMP」なんだよね基本...
そのもの自体の色彩が強すぎるというのは色々と弊害が

それでもやっぱり作画面では引き込まれるものがあった!
センスのよいOPといいアクションはとても頑張っている
そしてスタイリッシュさでは過去のCLAMP作の比ではない
だから、ものすごく勿体無いI.G作という印象なのが...

だからどうしてCLAMPなのさっ
みたいな部分にどうしても大人の事情的な雰囲気がね(苦笑

次回、ニコ動忘れなければ...
みたいな期待度自体が既に微妙だなぁ

ハジ的なポジの男キャラが次でどう出てくるか
で案外決まるのか?

次、気を取り直してW神アニメでも観ようー









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「Production I.G」ブログ

あにをた☆ソムリエ Production I.Gのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる