アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「貴月イチカ」のブログ記事

みんなの「貴月イチカ」ブログ


夏待ち最終回...あの夏で待ってる

2012/04/06 08:21
まとめとしては、ファンサービスの17歳きっこさん出演!
など、瞬間風速的に非常に盛り上がった最終回

イチカや海人含めキャラもよかった...

よい意味で1クールという短期間を使いきったかな?
(まぁ途中gdgdしたりもしましたが)という印象

怒涛のラスト11話・12話の展開で全てが帳消しになったかも?
まぁ終わりよければすべてよし、そう素直に思わせられたラスト

青春を描かせれば右に出るものはいない?という
黒田脚本の真骨頂を、あの花長井監督が綺麗に映像化

全体として期待を裏切らない作品および締めくくり方でした!


ここからラブラブモード全開です
おいこら、イチャコラしてる場合ではなかろうとw
先輩かわゆす...何となくウェディングドレスのヴェールのようだ


み○ほ先生キターーーとか思わせて別人の先代異星人?
その痕跡が確かにここにあった
しかし、脆くも消え去る二人の絆の証
必死に抵抗する海人が熱い!
イチカ先輩への想い...
それは決して先輩一人の我がままなんかじゃない


うう、先輩...すきだぁ...
待ってるから...その言葉を残して愛する人は去った
地球が開発ランクを上げられるのは何百年も先とか
夕空の残滓のごとく散りゆく光のきらめき


ああぁ...
伸ばした手の向こうに大切なものがある
かけがえのない"それ″を抱きしめて...
イチカは皆と過ごした、その夏そのものになる
呆然と振り向いた海人の視線の先
あの夏で待ってる...




早くも後日談...既に季節は秋に突入
海人お姉ちゃんも帰国
ボリビア土産は幸せのエコケ人形w
何気にコレ(じゃなくてカーデガンの方)が後の伏線に


学園を去った檸檬先輩が残したそれは...
それは確かに6人の夏があった証
なんか同じ空(じゃないけど)で繋がってる気がする...
この夏、皆で撮った映画の未完成版
フリー?なのにとても清々しい柑菜の表情が爽やか


久々に海人の家に集まって皆で鑑賞会
そりゃ涙の一つも零れますよね...
というか既に海人は号泣状態
皆の後ろで人知れず...というのがよいね
それでもまだ完成してない断片を探して


檸檬先輩はMIBの本部?に帰還w
この人マジで一体何者ww
何気にイチカ宇宙船が解析されていて...りのんまでいるし!

と、いうことは?



うわぁ先輩!いつ帰ってきてたんだ!?
卒業後に映画のラストシーンでネタバレとか姑息すぎるぅw
何とも余韻の残る綺麗な終わり方だ


ラスト・エピローグでの時間の短縮を逆手に取った
非常に上手い演出だなぁと...

それでも中盤の沖縄話がもう少し何とかなればな
まあそれでも、終わりよければすべてよし、なんですけど

ともあれ、めでたしめでたし


よい最終回!いい意味でおねてぃリバイバルっつか、
あの花長井監督による、今この時の感覚で補完できたっていうか

いやぁ青春、すなぁ...!ちょい1クールは短かった気もするけど
何より自主制作映画、というモチーフがとにかくよかった!

フィルムに夏の思い出を焼き付ける、とかもうね
一つの映像作品としても非常に評価できる、夏待ち


特にラスト最終回は言葉が出なかったねぇ...

往年おねがいシリーズを楽しんできた身としても
十二分に楽しめた良作でした!

やっぱ黒田はよい仕事するわ...
諸々足りない部分はその後のCDドラマとかで暴走するんだろうけどな(爆

OPやEDのやなぎなぎ「ビードロ模様」も良曲♪









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏待ちまとめ...大切なあの場所を探して

2012/04/06 06:24
さて、やはりラストに向けての盛り上がりがハンパなかった夏待ち
特に檸檬先輩がもはや何でもありで爆笑の嵐w

イエこれをやりたいがために、おねてぃ再来ったわけですからぁ〜!
(...などとは口が裂けても言わないだろうがw)

いや、あの花監督騙くらかして?1クールで綺麗にまとめようと
するから、こうなるんだよって?でもまぁ過去作オマージュとしては、
全体的に非常によい出来だったし、今という感覚がよく出てたのではと...


イチカのお姉ちゃん登場
中の人は近年著しい成長を遂げたほっちゃん
しかし、海人姉といいこの人といい...
哲郎姉も含め、トリプル姉ちゃんズでも結成してほしいですなw
中身はしっかり者の姉のようですが

ココは決して突っ込んじゃいけないんだろけど、
宇宙人なのに貴月エミカという日本人名はどうかとw

あっそうか、やっぱり二万年前に地球を去っt
どちらにしてもイチカは早急に故郷の星に連れ戻される運命のよう


本音は勿論帰りたくなんかない...せっかく海人とラブラブになれたのに
でも事はそうも言ってられない重大案件に発展していた
開発ランクFの星ってイチカ母星はどんだけ高文明なんだよと
接触禁止というのはハルヒ的禁則事項ですみたいなSF的説得力が


要するにこういうコトなんだろうと...
♪さあゆくんだ〜その顔をあーげてぇ〜(爆
(ハイ、ワタクシも直球の黒田世代でございます)

年上女との恋愛は童○男にとって青春の幻影なんちゃら
ってイチカ先輩そんなに年齢不詳ってわけでもw


ともかく柑菜たちも複雑な心境に...
特にカンナちゃんはねぇ、恋敵がいなくなって
万々歳とか決して考えない所がこの娘のよいトコロ


哲郎&美桜もりのんを拉致って先輩帰らないで!アピール
角じゃないが四角関係の頂点の海人の運命左右しかねないイチカ帰郷
柑菜たちが反発するのも無理はない...?
ってか既にイチカや檸檬含めた6人はかけがえのない大切な関係


要するに人一人がいなくなってしまうことへの半端ない喪失感...
それをダイレクトに感じられるから、後の彼らの行動に繋がってくのであって


檸檬先輩、とにかく用意よすぎですってw
イチカの記憶(イメージ)の中にある大切な場所を探して...
そこが見つかれば地球は開発ランクFではなくなる
不眠不休で長野にあるその場所を探す海人たち
この辺の夏季合宿っぽいノリがいいですなぁ
救命ポッドの癖に容赦なさすぎw


「幸せになれ、バーカ!」
うう...青子
この妙に清々しい表情がよいね
なんとも健気なカンナちゃんなのです


どんな魔改造だよw
イチカの逃亡を手助けする皆
柑菜は偶然に遭遇した哲郎姉と合流
二手に分かれ、イチカと海人を逃がすも...哲郎姉ちゃんテンパリすぎw


既に魔改造どころの話ではなくなってる檸檬先輩バンw
いくらなんでも、ぶっとびすぎですから
ふふふ、すごいことするわよ(を、地で行くコワさ...w)
MIBはネタじゃなかったのかよ(爆
何気に哲郎姉の旦那もいたりして、とんでもないことに
どうでもいいけど著作権関係どうなってんのw


それでも未知の高文明には勝てないか...
イチカ姉ちゃんも出来る限り尽力して協力するも
ンなっ!
りのん先生も地味に大活躍


要するにイチカの記憶の中にある「あの場所」とは木崎湖かぁ...
おねてぃ巡礼の聖地じゃんかよw


とりあえずまた二分割しときます





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏待ちまとめ...誰かを幸せにするための片想い

2012/04/05 03:28
さて、いつのまにやら大団円を迎えていた夏待ち
(つか序盤の4話から更新途絶でやんのw)

個人的には沖縄編の前後くらいから次第に
微妙〜になってきてしまい...

正直、幼馴染話とか激しくイラネー!(苦笑

めんまとか電波女出してる暇あったら、もう少し主役
二人に絡んだ一方通行的、片思い連鎖の描写をだな...


でも、この女神のような笑顔ですべて許される?
ぽわわん、としたちょっと抜けてるカンジがよいのだ


自主映画製作でまさかの宇宙人役!?
とかも檸檬先輩が鋭いのか偶然なのかと面白かったけど
檸檬先輩は、やっぱこのポジがよく似合うw
序盤から皆がフツーにりのん認知?とかも気になってたけど...


4話以降よくわからなかったけど(ヲィ)
要するに、海人←柑菜←哲郎←美桜

という四角関係?(方向が直線なので全然違うが)
だったんだな...

その頂点が勿論、イチカ&海人の両思い...

そして結局、
イチカ&海人 ・ 柑菜 ・ 哲郎&美桜となってしまうんだな...?
(しんみり)


もう最初から玉砕確定、みたいなカンナたん
柑菜と哲郎...報われない同士、切ない
まぁ幼馴染...というよしみはあるにしても
...お互い相手はすぐ側にいるのに


なぜか柑菜は自分から地雷踏んでしまうんだよなぁ...

それが好きな人の幸せだから、

と、自分の気持ちを押し殺して二人を応援してしまう様が、
なんとも歯がゆいですね(結局ラスト一人になってしまうし)


まぁ海人が幼い頃に両親なくしてるっていう話がな
それもあって?カンナは自分の幸せより、
となってしまうのか?(青子の切なさバイゾー)


一番気弱そうな美桜から口火を切った告白劇
髪切った裸族...こと美桜(これが常時裸だった理由かw)
自分の弱さを認めることは本当の強さにもつながる?


なんだかんだで柑菜は茶番担当、というカンジ
猫娘カンナ
と、

エロい表情の先輩(局部はナシ!)と紅型カンナ
舞台が沖縄という開放感にかこつけて...
檸檬先輩もやりたい放題ですw


夏祭りの思い出(新たな聖地巡礼の舞台が...)
馬子にも衣装?
「しゅてき☆しゅてき!」とか連発するイチカ先輩がバグってw


そして先輩のまさかの宇宙人バレ
うーん...
これは監督の世代観の違いなのか?
正直この辺、最後まで何とか隠し通せなかったのかとか...


おねてぃの時は確か周囲にはバレなかったような...?

せめて海人だけにしといてくれよ、ってすると
話が進まないのか?話数的に考えても


身を挺してイチカを守ろうとする海人
おー
カイトくん本気見せましたねぇ!
先輩の涙...
かわゆい...なんか妙に虐め心を刺激される...?


序盤から一話一話のまとめ方が秀逸、
(特にラスト黒田台詞の妙がね...)

とかって思ってきたけど、どこかしら計算が狂って
きてしまったという印象が...?

やはり安易に沖縄(&幼馴染)話とかに逃げてしまったのが
響いてるのか?2クールなら、それも許されただろうけど、
もう少し全体の配分考えた方がよかったかもね?

それでも、


晴れてラブラブになれた二人!
「...告白してもいいですか?」
ハイー! これですべて帳消しになってしまう罠w
要するにお惚気だけど、この微妙なエロさが上手かったりする
これぞ黒田脚本の真骨頂...?
そしてこの人はしっかり...檸檬先輩...w


おまけ:


怖い先輩とりのんww
なー!!!アブネーwwwいや、ほんにりのんはよかった♪


沖縄の海に浮いてるのとかOPスイカとかサイコー!
コレ絶対ぬいぐるみとか欲しいレベルだわw

では、ラストに向けての後半は後日...











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おねてぃ再来!夏まちノックアウト

2012/02/04 01:44
遅ればせながら諸事情で3話まで視聴の「あの夏で待ってる」...
(はやく4話まで見たい!)

もォおねてぃモード全開ですね黒田先生(爆

近年の不調?(苦笑)が嘘のようにテンポのよい展開&
小気味よい台詞の数々で思わず引き込まれ見入ってしまったw

個人的には同監督作!である昨夏の「あの花」より好みですなー
やっぱ女は年上最強?(て、自分も漏れなく女子なのだが笑)


このメインタイトルロゴも好み

ファインダー越しに何見入ってんの少年w

いやはや青春ですな...
鮮やかな赤毛異性(異星の人だけに)とかまさにビビッド

たらくセンセの絵は今回おねがいシリーズの頃と比べると
かなり力が抜けてよい感じでラフになっており、どこか
ほのぼの素朴な感触で水彩画のような色合いになごむ

に、反して妙ーに生々しいドキドキ感があり...
おぃ戸松!いつそんな演技覚えたn


こちら女友達

男友達

女友達で幼馴染み?

歩く迷惑な苺ならぬ檸檬先輩
ふふふ棒読みも健在

そして先生ならぬ憧れのイチカ先輩

...と、謎の小動物
(笑


なんでしょう先生と生徒という、おねてぃよりは今回ずっと
リアルに近いシナリオな分...というのがあるのかもしれない?

それでも、そこはおねがいフィルターを通してる以上、
あの花的な真面目な定番さよりはやはり焦点をグッと
絞ってるような気がして個人的に非常に楽しめておりますねぇ

やはりさすがの黒田脚本、伊達ではないシュミの世界に
性懲りもなく突っ走っておりニヤニヤがとまりません(笑


時期はずれの転校生とか定番すぎ(笑
そして案の定住むトコがなくて...

こういう展開いいなあ
ピンポンピンポーン♪とか好きすぐる

しかし、実際に妄想を再現してしまうとは...
なんというめぞん五代君すか君はw

泣き上戸のお姉ちゃんさんもよい
中の人、久川綾かぁ...

ハダカエプロンならぬ裸ぬいぐるみ!?

「なっ!」今回の宇宙生物りのん
この一筆描きっぽいでたらめさがスキw


いいなぁ(笑
先輩というよりお姉さんっぽい

もしかして...ワタシだったり?
イチカ先輩めちゃかわいいっすね

やっぱ眼鏡っ娘は最強!伝説
おねツイはそうじゃなかったけど、主人公&ヒロインが
ともに眼鏡っ子...同士とか何か萌えるんだよなー

お互いに眼鏡をはずした時のギャップがそうさせるのか...


しかし、今回も「すごいことするわよ」健在な
ゆかりん檸檬先輩は毎回飛ばしてますなw

未成年に謎のドリンク飲ますな!


もちろん、盗撮とかもします

色々被害者なのはどう見ても小石ポジの青子

若い向きには人気みたいですな
というか中の人はラグりんまどかだったり


8ミリ持って映画製作とかカメラとか、モロひと夏の青春ストレートな
お約束展開が映像&コピー的に文句なしに引き込まれる要素でもあり...

そのヒロイン役をつとめることになる憧れの先輩は実は宇宙人で...
(あの花は幽霊だったけど)というのは、勿論おねてぃみずほ先生からの
引きなのだが冒頭の遭遇シーンといい、もしかしたら’80年代SFジュブナイルの
影響受けまくりかもしれない?自分と同世代の黒田洋介他スタッフなのであった

しかも、その先輩とひとつ屋根の下!とかね...


「言っちゃダメ。おねがい、何も言わないで...」
戸松っちゃんのこの一言で...昇天!
実はすごいんですイチカ先輩

普段裏声使ってるだけに低めの声がリアルに興奮するという...
スタドラ巫女歌といい、どんだけ予想外なんですか戸松遥は

これで確実に演技の幅を広げたというか?


そして...

いや、いたってマジなんですけどね
思わず鼻血がぁ...?

こ、これはやばい

しかもっ!

Oh!ダイナマイツ!


しっかり目撃されちゃいました


あの花っぽいこのED絵もよい...


キャラとしても、おねてぃほどのドギツさ(年齢も近いしね)がなく、
それでも、あの花よりはずっとオトナーな展開は成年男子としては
(いや女子だけど笑)はずせないものがあるんでしょうねぇやっぱ

ちょい前述しためぞん一刻なんかも漏れなくそうだったし...
(こっちは年上で未亡人だけどw)

例えが古い!とか言われても、そもそも黒田洋介と同年代だし(笑
あれ?監督の長井龍雪は一回り年下ってことか...ほうほう

おねてぃの時もDVDとか購入したんですが(その後全部売っ払っちゃったけど)
今回もまさしくDVDならぬBD購入したいレベルのよさですよ!(笑

まぁ個人的にしばらくはムリだが...orz








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「貴月イチカ」ブログ

あにをた☆ソムリエ 貴月イチカのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる